FINAL CONCERT !Adios Amigos!

final_concert.jpg

97年の解散コンサートを収録したライブアルバム。デビュー以降7年間、世界を走り続けてきたデラルスヒストリーを味わえる。

  • ALBUM
  • 発売日 : 1998年7月1日
  • 販売元 : Dynaware 
  • CD番号 : DWCL-001
  • 定価 : ¥4,000

収録曲
ディスク1

1 SALSA CALIENTE DEL JAPON ビルボードチャート11週連続1位を記録したデビューアルバムのファーストシングル。NORAがデラルスのことを紹介するというオリジナルのメッセージソングにも関わらず、ラテンアメリカで大ヒットし、歌詞を覚えて歌うラティーノが続出した。海外で最も知られている曲。作曲は初代リーダーの大儀見元、作詞はNORA。(NORA)
2 AMOR DE SECRETO サードアルバムの1曲目に収録された「赤いシリーズ」(ステージで赤い照明が似合いそうな曲)の第一弾。「秘密の愛」という妖しい歌詞の内容だが曲とアレンジはかなり情熱的。 作詞&作曲NORA。アレンジは塩谷哲。(NORA)
3 NO ME LLEVES CONTIGO  
4 AMAME 現在でもライブで度々演奏されているミディアムテンポの踊りやすいナンバー。作曲は塩谷哲、作詞はNORA。(NORA)
5 I CAN ONLY BE ME  
6 SOY SINCERA 「赤いシリーズ」第3弾。派手なイントロが印象に残る情熱的なナンバー。「私は一途な女」と歌い、ラテンの女性からも人気がある。作詞&作曲NORA。(NORA)
7 SALSA NO TIENE FRONTERA 初のワールドツアーで感じたこと、「サルサに国境はない」というストレートなメッセージを元に、当時アメリカで大ブームだったRAPをスパイスに効かせ仕上がったオリジナル。日本ではこの曲でデラルスを知ったという人も多い代表曲。作詞&作曲はNORA。(NORA)

ディスク2

1 BAN CON SAN  
2 SOY ESA MUJER 美しいストリングスの音色から始まり、熱いサルサになっていくドラマティックな展開を魅せるアレンジ、「私は心に傷を持つ女」と歌う切ない歌詞でこの曲の人気は高い。「赤いシリーズ」第2弾としてリクエストも多い。(NORA)
3 CUERO SONO コンガソロをフィーチャリングし、サルサとプエルトリコの伝統リズム「BOMBA」をベーシックにアレンジされた、現在でもライブでリクエストの多いナンバー。作詞&作曲はNORA。(NORA)
4 TIME AFTER TIME シンディー・ローパーの名曲をカバー。トゥース・シールスマンがハーモニカソロでゲスト参加し名演を聴かせてくれている。(NORA)
5 SABOR 曲もアレンジもメンバーは手がけていないが、まるでデラルスのオリジナルのようなノリノリのサルサ。現在でも演奏されることが多いメンバーもお気に入りのナンバー。(NORA)
6 SALSA CON SABOR コーセーのCMタイアップソングとして起用されたオリジナル曲。キューバのソンゴのリズムとサルサが上手く融合しているノリノリのナンバー。作詞&作曲NORA。(NORA)