GraciasSalseros_fix350dpi.jpg

10年ぶり待望のオリジナル・アルバム!サルサ界の大物セルジオ・ジョージ(ラテングラミー受賞プロデューサー)の目にもとまり「新作の日本以外のディストリビューションをやりたい」とのオファーが来るほど、南米を中心に世界中で話題となっている。

海外のマーケットを意識したラティーノ好みのイケイケサルサと、日本人好みのロマンティックでメロディアスなラテンもインクルードし、ビッグバンド・スタイルのマンボ・インストゥルメンタルまで幅広く収録。テレサ・テンのカヴァーや、サルサの女王セリア・クルーズに捧げるメドレーも収録。

結成35周年を祝うに相応しい、10年ぶり待望のオリジナル・アルバム!

  • ALBUM

  • 発売日 : 2019年7月24日

  • 販売元 : KING RECORDS

  • CD番号 : KICS-3831

  • 定価 :¥3,000.-(税抜)

収録曲

Gracias Salseros

サルサ界の名プロデューサー、セルジオ・ジョージを唸らせたアルバムの一押し曲!Descarga De La Luz(2ndアルバム収録)がラティーノに好まれているのを知り、同じDescarga(ジャムセッション用の曲)スタイルの曲で、これまで応援してくださった世界中のSalseros (サルサラバー)へ感謝を送る歌詞を乗せたNORAのオリジナル曲。タカヤのアレンジが華やかで、小気味好いダンスチューンです!

Soy Sopera

NORAが2016年にコロンビアを訪れた時に、毎日必ずスープを食べていたので、それを見た現地の人から「あなたはSopera(スープ好きな女)だわ!」と言われたことにインスパアされて作ったオリジナル曲。アイピのアレンジがグルービーかつ軽快で、踊り出さずにはいられないダンスチューン!

Azúcar Mambo

デラルスの人気曲、「マンボ・デ・ラ・ルス」(3rdアルバム収録)を意識的にサンプリング、オマージュしつつ、デラルスが現在まで積み重ねてきた方向性、そして、私の持つキューバ音楽の方法論等をミクスチャーし、その上に今の時代、メンバーを考慮して創ったマンボスタイルのインストゥルメンタル。(相川 等)

つぐない

「私はピアノ」(2ndアルバム収録)が、日本におけるサルサブームの火付け役になった経験から、ラテンにフィットする昭和歌謡をカバーすることにしました。数ある候補の中から、南米やアジアでも有名なテレサ・テンのこの切ない曲を選曲。アイピがBuena Vista Social Clubを彷彿させるアレンジで聴かせてくれています。

La Cosa Buena (スペイン語バージョン)

コロンビアでインスパアされたNORAが、デラルスがまだまだ現役でバリバリ活動してることを強調した歌詞とコーラスを書き、タカヤのメロディと合体したオリジナル曲。タカヤの得意とするTimbaスタイルのアレンジがゾクゾク来るダンスチューン!

La Mentira

メキシコ出身の著名な作曲家Alvaro Carrilloの代表作。美しいメロディに切ない歌詞がなんともロマンティック。当初この曲はアルバム収録予定ではなかったが、レコーディングが当初の予定より順調に進んだため収録できたというエピソード(笑)付き。

さくらさくら(ライブレコーディング)

言わずと知れた日本の名曲。デラルスのメンバーから生まれたアカペラグループ「サルサ5」のハーモニーから始まり、Rumba Guaguancoのリズムに乗って、ラテンの世界にグッと引き込むアレンジが秀逸な作品。

Celia Cruz Tribute Medley(ライブレコーディング)

サルサの女王セリア・クルーズに捧げたアイピ渾身のアレンジとメンバーの生演奏!オーディエンスの熱い声援も感じられる白熱のライブです!!

La Cosa Buena (Japanese ver.)

こんなゴリゴリのダンスチューンを日本語の歌詞で歌えるのか?という難題に敢えて挑戦!ノリの良い関西弁をミックスさせることで着地した、サルサを愛する日本人へ送るメッセージソングです!